結婚して4年が経過。現在、育児休暇中のkuwの日記です。あっという間に過ぎていく毎日を、マイペースに記録中。主な登場人物は、buw(旦那くん)。


by kuw_buw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:旅行記 台北 ( 7 ) タグの人気記事

今夜は夜市(リベンジ)も残っているため、ちょっと早めの夕食を。
向かった先は、台湾料理としては一番有名と言ってもいい『欣葉 シンイエ』へ。

f0080316_23972.jpgf0080316_2392127.jpg
f0080316_2320244.jpgf0080316_23174963.jpg
f0080316_23182254.jpgf0080316_23183422.jpg
f0080316_23205720.jpgf0080316_2321776.jpg


どれも美味しかった!
でも台湾料理って・・・何?という疑問は残る。
中華料理でもなく・・・日本料理とも違い・・・。でもコレという特徴はつかみにくかった。
エビフライのようなものは季節のフルーツソース(本日はマンゴー)と共にいただくのだけど、想いのほか相性が良かった。
デザートに杏仁豆腐を注文したけれど、わらびもちのような小菓子とお茶はサービスでした。
[PR]
by kuw_buw | 2007-08-21 23:25 | □TRAVELS
やっと2日目も後半。

お昼ごはんの坦坦麺を食べた後、即、タクシーを捕まえる。
もう、ちょっとの距離だって歩く気にはならない。
それくらい暑かったんだよ・・・。
ドライバーさんに伝えた行き先は最寄り駅。そう・・・故宮博物館ではなく・・・。
直接博物館に行ってもらっても、きっと大した価格にはならなかったんだろうけど、
そうはせずに極力電車で移動するところが、堅実というかケチというか。
でもお互い何の疑問を持たない、そういうところが、いわゆる「価値観」なんだろうね。


タクシー→電車→タクシー っていうメンドクサイ経由をして、故宮博物館に到着。
台湾では何度も感じたことだけど、この国はスケールがでっかい。
国土(領土?)は小さいはずなのに、なんでこうも大きなものが存在するんだろう。
ずっと行きたかった故宮博物館で、最も感動したのがソコっていうのも実はちょっと悲しいことなのですが。
f0080316_0585930.jpg

コチラの狛犬もでっかい。
ちなみに一緒に映っているbuwは身長180cmオーバー。

スケールは大きかったけど、展示物は小さいものが多い。
世界4大博物館、ということでかなり前から凄く楽しみにしていたのだけれど、その期待に値するほどの感動は得られず、ちょっと残念な結末でした。
[PR]
by kuw_buw | 2007-08-21 01:12 | □TRAVELS
終わってみれば、食べてばかりいた台北旅行。
ここ九份でも結構色々食べました。

まずは基山街入り口からすぐの『九份傳統魚丸』
f0080316_023151.jpg

注文したのは五味綜合魚丸湯(NT$50)
f0080316_026443.jpg

ガイドブックには「三味」しか書いてなかったけど、五味っていう代物があった。
お店のおじさんがそれがおススメだ、って言うので(たぶんそう言ったんだと・・・)素直にそれを注文。五味団子がそれぞれ何なのかは食べてもわからない。結構しっかりした食感の団子だった。
スープはダシが出ていて美味。

次に食べたのは『阿柑姨芋圓店』のカキ氷。
f0080316_03574.jpg

店頭にはアイスクリーム屋さんのようにケース内にトレーがいくつかセッティングされていて、そこに具材が並べられている。
トッピングは選べるようだけど、全部を乗せたもの(NT$35)を注文する人がほとんどだった。
f0080316_041834.jpg

商品を受け取り、工場のように見える店内を進むと、絶景を見ながら食べられる喫茶室がある。そこまで裏方を通ってすすむんだけど、おばさんもおじさんも一生懸命「芋圓」を作っていた。芋圓っていうのは写真のオレンジ色と小豆色の物で、結構強い餅々かんがある。その餅々した食感が何ともいえなくて、適度な甘さも良かった。
f0080316_043151.jpg

この、じみ~な感じのトッピング。これがもの凄く美味しいんだなぁ。
この下に、粒の大きめの氷が入っています。
これまでお腹の調子はすこぶる良好だったけど、さすがにこの氷は控えめに・・・。
たぶん大丈夫、と思いつつも用心するに越したことはないものね。

続いて立ち寄ったのは『阿妹茶酒館』
こここそが、映画「非情城市」のロケで使われて有名になった茶芸館。
日本人は、本当にみんなツアーで来ているみたいで、あなた達はどのガイドの客?といった質問をこのお店では何度も受けてちょっとうざかった。時間になっても集合場所に現れない客を探しているガイドさんがウロウロしていた。
メニューが、「まきす」の大きいのに書かれていて、くるくる巻かれてしまわれている。かわいい
!!
f0080316_044336.jpg

f0080316_23413124.jpg

お茶は30~40gくらいの真空パックになっているものを購入。そこで飲むために使用した残りは箱に入れてお持ち帰りする、というシステム。
なんて合理的な考え方なんだ!!
お店にとってはお茶のロスを考える必要もなく、単価もグン!とあがる。
茶葉代がNT$400~1000。お湯代がNT$100×人数。
こんなに高価だったのに、どのお茶をたのんだのか失念。。
それに比べてお菓子はNT$80とお手ごろ価格だったので、「雪花糕」というミルクプリンにココナッツをかけたものを注文した。
お店のおやじさんと思われる人が、お茶の入れ方を教えてくれる。
おじさんはとっても世話好きで、お茶の入れ方以外にもあーだ、こーだ色々話してくれた。
お茶は美味しかったけど、どれくらい価値あるものか、判別できない自分が悔しい・・・。
[PR]
by kuw_buw | 2007-07-27 00:28 | □TRAVELS
かつて金鉱として栄え、後に映画『非情城市』の舞台として注目を集めた九份。
古びた町並みに赤い提灯が並んだその景色はパンフレットなんかにもよく使用されている。
『千と千尋の神隠し』もここの景色にインスピレーションを得たとか。
お父さんとお母さんがご飯をいっぱい食べて豚になってしまうあの街・・・。

台北から電車で1時間ほどの所にあるのだけど、ツアーで行く人がほとんどらしく、行きかたについてはガイドブックでも大まかにしか案内が無い。
『台北車站から宜蘭・花蓮方面行きの自強号などに乗り、瑞芳駅下車。西口を降りてバスかタクシーに乗車・・・・』
ちんぷんかんぷん!!
そのガイドブックの隅から隅まで読み込んでも、花蓮がどこにあるのか自強号の乗り場が何処にあるのか書いてないのですから。

でも、どうにかなっちゃう。(最近の旅行ではこんなシチュエーションが多い・・・)
前日の下見&時刻調べを経て、当日7:42の自強号に乗って瑞芳駅へと向かった。
車中でも1つ想定外の状況が・・・。
指定席を購入したつもりでいたのに、なんと指定は途中まで。
どうやら、空いてる区間はその席を使えるけど、先約の客が乗ってくる駅からは自由席扱い、というシステムらしくて、途中で先約者に席を奪われてしまったのでした。

たどり着いた瑞芳駅。
f0080316_051369.jpg

ここからタクシーで10分ほど山道を登り、基山街の入り口まで。
f0080316_0554829.jpg

基山街はアーケードになっていてみやげ物屋と食堂が軒をつらねている。
f0080316_00158.jpg

道なりに進んでいくと、突き当たりには絶景が広がる。ちょっと日本の温泉街のよう。
f0080316_23545315.jpg

基山街と交差している豎崎路が、映画等で有名な町並み。
f0080316_23554881.jpg

f0080316_2356472.jpg


あちこちに見える日本語が、日本人観光客の多さを物語っているけど、旅先で日本語を見るとちょっと興ざめ、な気分。

ここ九份でも色々食べたけど、それはまとめて次に書くことにします。
[PR]
by kuw_buw | 2007-07-22 12:09 | □TRAVELS
台北中心部で、私が行きたい(行っとこうかな)と思ったところは、龍山寺中正記念公園

まずは龍山寺へ。
龍山寺は台湾最古の寺で、台湾で随一の格式を誇り、台湾全土から参拝者が訪れる、という寺。
f0080316_2334635.jpg

f0080316_23355012.jpg

ホテルからぷらぷらと歩いて行こうと思ったけど、あまりの暑さに断念。
街の中にご丁寧に設置されていた気温表示計によると38℃だって。
こんな気温、かつて体験したことあったんだっけー?
まるでサウナの中を動き回るようなけだるさ。
そんなわけで、同名の駅までMRT(地下鉄、のようなもの)を利用してみました。

台湾に限らず、旅行先で宗教施設(お寺とか教会とかモスクとか・・・)を見学するのが私は好き。言葉ではうまく言い表せないけど、大きな感銘を受けることが多い。
そしてなにより、日本人(の大部分)って、信仰心がないよな・・・と強く感じる。
お葬式や法事の時だけ、義務のように宗教儀式に参加する変な国民だよね。
そういう自分も、特定の信仰は持ち合わせていないのだけど。

龍山寺は敬虔な信者の方々で溢れていました。
観光客である私達の肩身の狭い事・・・。
皆、7本の長い線香を1セットにして持ち、祈りをささげては1本の線香を捧げ、移動。
こうして境内を1周して7箇所に捧げる間、本当に本当に丁寧に祈りを捧げている。
祈り終わった後は、おみくじをひく。
これにも作法があって、何度も何度も繰り返して番号を決定し、おみくじをひいた後はその解釈でも調べているのか、辞書のようなものを読みふけっている姿を目にする。
ホントに皆、熱心だったなぁ。

龍山寺を後にして向かったのは中正記念公園
蒋介石を記念した公園。
大中至正門というもの凄く大きな門がある。
台湾は小さな島なはずだけど、道路とかこういう公園とか、ヨーロッパみたいにすごくゆったり、広々してる。
f0080316_23434277.jpg


この公園を突っ切るだけで、汗だくになってしまったのでした・・・。
[PR]
by kuw_buw | 2007-07-16 01:18 | □TRAVELS
そういえば、最近オセロ出演の台湾CMを良く観る・・・。
なんだかブームに乗ったみたいになっちゃったな。
そんなつもりもなくて、前々からいつかは行きたい、と思っていたんだけど。

飛行機の中で必死で立てたスケジュールでは、
・台北市内の観光
・小龍包を食べる
・マンゴーカキ氷を食べる
これが1日目の最低必須項目。そう、台北旅行での一番の目的は『食べる事』!!

まず、ホテルから西門駅までの5分程の距離の中で食事をすることに。
台北初の食事は『老菫牛肉細粉麺店』ここでは台湾の名物のひとつ、牛肉麺が食べられる。
台湾産の黄牛という種類の牛肉を使っていて、牛骨、牛筋、牛肉をじっくり煮込んだスープがベースになっているらしい。
f0080316_0301032.jpg

f0080316_03030100.jpg


カレー味、というのがもの凄く気になって、そんなにお腹もすいてなかった私は細粉(ビーフン)を合わせる事に。一方buwはふつうの牛肉麺と思われるものを。
店員さんは全く日本語も英語も解らないのか、日本語写真つきメニューとオーダーシートを置いてさっさと下がってしまった。注文の仕方、よくわからず。。
でもこの店員さん、後でお茶とお水はセルフだから飲んでね、という事を必死で伝えに来てくれたのです。決して不親切なわけではなかったらしい。
お味の方は・・・。
カレーは、本当にダシにカレー粉を溶かしたようなそっけない味に感じられ。注文の仕方が悪かったのかな??
牛肉麺は入ってる肉はもの凄く柔らかくて、麺は中太麺。美味しかったけど、かなり肉臭い、ガツンとしたスープでした。
なによりびっくりしたのは、大きさ。
写真じゃ解らないけど、この器、日本のラーメンの器の1.5倍はあろうかという表面積。
スープが多いようでそんなに凄い量ではなかったけど、迫力あったなぁ。

2時30分くらい、と中途半端な時間だったけど、
店内には現地の夫婦、親子などが数組、日本人?と思われるバックパッカー風の男性2人連れが1組。厨房も凄く広くて、けっこうな繁盛店なんだと思われました。
[PR]
by kuw_buw | 2007-07-16 00:40 | □TRAVELS
初めての結婚記念日は、2泊3日で台湾(台北)へ。
記念日は、結婚式をしたレストランで食事をしよう!とずっと楽しみにしていたけれど、
buwの休日予定を見てみたらなんと3連休。
珍しい3連休、どこかに行かなきゃ~~!! って。
6日前に飛行機&ホテルのみのツアーを予約し、バタバタと旅立ったのでした。
計画性も落ち着きもない結婚記念日。
まぁこんな感じが私らしいといえば私らしい・・・かな。

<1日目>
・出発日も午前出発で楽しみたい。
・完全フリーがいい。(ツアー行動苦手・・・。)

その条件と金額だけをチェックして申し込んだツアー。
今、燃油チャージが結構高いのね。台湾なんて近距離なのに約10000円だって。
指定しなかった飛行機は、エアーニッポンに。
エアーニッポンがANAの子会社で、ANAの機体を使用している事を初めて知りました。

9:20フライトの為、チェックインは7:20。
電車での成田入りは不可能な時間なので、初のリムジンバスを利用。
このコース、意外と楽チンだった!! 今後も利用したいな。
とは言え・・・前日は普通に仕事をしてから帰宅、ご飯の支度、旅行の準備、始発電車・・・
buwはグースカ寝ていたけれど、私の睡眠時間は30分。。。

時差は1時間。台湾桃園空港には現地時間11:50の到着予定。
実際には30分くらい遅れての到着だったかな。
飛行機内では必死で睡魔と戦って、どうにか当日の予定を立てた。
空港では現地係員が待機していて、ホテルまでご案内・・・だけではなく、両替(お土産店)にご案内、が付いていた。
私がツアー旅行が嫌いな理由の1つはこのお土産店へのご案内、があるから。
どうせ買わないし(私は)、両替なんて空港で出来るし、時間のムダ以外のなにものでもないと思うのだけど。安いツアーだから仕方ないのかなぁ。
それにしても、着いてすぐお土産を買おうと思う人がどれくらい居るのかしら。

空港からホテルへのこの『送迎コース』には5組の参加者がいて、それぞれ4箇所のホテルに案内された。
私達が選んだ(というかそれしか残ってないと言われた)豪景大酒店には私達のみ。
ホテルはあまり重要視してない私達だけど、こうやって順々に案内されると、なんだかちょっとドキドキする。
自分達だけボロボロホテルだったらなんだか恥ずかしいと思うのは、見栄、なのかな。
実際には外観は普通でちょっとほっとした。
[PR]
by kuw_buw | 2007-07-12 00:34 | □TRAVELS