結婚して4年が経過。現在、育児休暇中のkuwの日記です。あっという間に過ぎていく毎日を、マイペースに記録中。主な登場人物は、buw(旦那くん)。


by kuw_buw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:レストラン 仏 ( 4 ) タグの人気記事

6月3日。(かなり前だけど。)
大学の友人との久々のランチは、4月に三宿に移転OPENしたコムダビチュードへ。
ずっと行きたかったけど、なかなかチャンスが無くて・・・。
友人とは学生時代このエリアを共有した仲なので、これはチャンス!!と私の独断でお店を決めさせていただいたの。

中目黒店の閉店間際にディナーを食べて以来(いや・・・もっと前からか?)シェフのブログを読んでかなりマニアな気分満点だったのに、お店の位置をしっかり把握していなかった私。
すぐ近くにいるのに、電話して場所を確かめる羽目になってしまった。恥ずかしぃ。
だって、てっきり反対側だと思っていたんだもの。

中目黒のお店と比べると、かなり小さくなったのかしら?
でもこじんまりとしていてかわいらしくて、とても良い雰囲気でした。
私の席からは確認できなかったけど、オープンキッチンでは無い様でそこは残念!だけど、私はこの新しいお店の雰囲気の方が好きです。


ランチは4種類あって、プリフィクススタイル。
1800円のコース(主催1品 本日のデザート コーヒー)
2800円のコース(前菜1品 主催1品 デザート コーヒー)
3500円のコース(前菜2品 主催1品 デザート コーヒー)
4000円のコース(前菜1品 主催2品 デザート コーヒー)
おまかせコース 5000円

私達は3500円のコースに。


自家製パン
バケットとごまのパン

f0080316_22334150.jpg

<前菜>
田舎風パテ コム・ダビチュードスタイル
お店の名前が付いてるお料理は注文せずにいられない。
お肉だけど重くなくてぺろっと食べられた。
f0080316_2235069.jpg

グリーンアスパラのオランディーズソース
友人がセレクト。旬だものね。ソースも美味しかった。
f0080316_22375079.jpg

前菜2品目として
ごぼうのスープに魚のフライを添えて

シェフのスペシャリテ。以前ディナーでも頂いたけどもう一度食べたくて。
ごぼうの風味が強すぎず、でもしっかり居てクリーミーだけどしつこくなくて美味しい。
器が黒になっていて、そこが以前とは違うところ。
f0080316_22464880.jpg

前菜は他に・・・
サーモンのババロアとマリネのミルフィーユ仕立て
メリメロサラダ
冷たい玉ねぎのスープと帆立貝のマリネ

<主菜>
ブータンノワールとピエドゥコション、ジャガイモのソテー

f0080316_22472442.jpg
f0080316_22474234.jpg

酵素ポークのソテー、マッシュポテト添え
友人がセレクト。ボリュームたっぷり~。
f0080316_2253314.jpg

主菜は他に・・・
カスベのムニエル 木の子添え
本日の魚のグリエのサラダ仕立て
牛肉の赤ワイン煮こみ 野菜添え
仔羊肉のロースト クスクス添え
ほろほろ鳥もも肉のコンフィ

<デザート>
パッションフルーツとショコラムースグラッセ

フレッシュのパッションフルーツをカットした上にサバイヨンソース(だと思った)が乗っていて、表面はバーナーで焦がしてある。パッションフルーツが甘酸っぱくソースの甘さと合っていてもの凄く美味しかった!!
f0080316_22493465.jpg

レモンのスフレ
注文した後、シャカシャカシャカ・・・とメレンゲをあわ立てる音が聞こえてくる。
中目黒のキッチンで注文が入る度、一生懸命泡立てていたシェフが思い出されてなんだか懐かしかった。
甘いスフレもレモンの酸味ですっきり。この季節にぴったりでした。
f0080316_22564362.jpg


最後にシェフが笑顔で見送って下さった。
また行きたいお店です。

■コム・ダビチュード
〒154-0001
世田谷区池尻 2-7-4 ナオミアパート1階
℡:03-3487-7686
定休日:火曜日、第3水曜日
営業時間:ランチタイム11時30分~14時00分(L.O)
       ディナータイム18時00分~21時30分(L.O)
[PR]
by kuw_buw | 2007-06-24 23:07 | □FOODS
中目黒にあったコムダビチュード。フレンチのレストラン。
昨年末にその地での歴史を閉じてしまいました。
シェフの日記のファンで、ずっと前から気になってたのに・・・
閉店に気が付いたのは実に最終日まであと数日という時。
どうしても行きたくて、なんとか予約をとり、訪問したのは12月29日でした。

そのコムダビチュード、三宿で再開したそうです♪
また行けたらいいな。

2006年12月29日 スペシャルコース
アミューズ・ブーシュ(共通)
f0080316_23451045.jpg


有機野菜の煮こごり仕立て (共通)
f0080316_23455524.jpg


ブータンのタルト 半熟卵添え(次の料理と選択) 一緒に行った会社の後輩が。
f0080316_23475241.jpg


フォアグラのポワレ 私が。
f0080316_2349192.jpg


ごぼうのスープに魚のフライを添えて (共通)シェフのスペシャリテ
f0080316_23505728.jpg


オマール海老をシンプルにポワレ、木の子添え (共通)
f0080316_23523957.jpg


仔羊肉のロースト (次の料理と選択) 後輩が。
f0080316_23533281.jpg


イベリコ豚ほっぺと野菜の炭火焼 私が。
f0080316_23541916.jpg


チーズ 沢山の中から3種を選びます。コースに含まれてるのが嬉しい!
シェフ自らそれぞれの説明とおすすめをして下さいました。
f0080316_235628.jpg
f0080316_2356238.jpg


キャラメルとりんごのスフレ (デザートも選択) 後輩が。
f0080316_22141222.jpg


ホワイトチョコレートのブランマンジェ 私が。
f0080316_235858.jpg


コーヒーと小菓子 共通
f0080316_2359285.jpg


パンも全部お店自家製で、何種類もあります。
f0080316_23595381.jpg


ワインはグラスで、白ワイン、赤ワインをそれぞれ。
f0080316_003533.jpg
f0080316_005719.jpg


これで¥10000って。
コストパフォーマンスありすぎです。
感想としては、ものすごく繊細なフレンチっていう感じではなくて、暖かいぬくもりのあるお料理達、という印象でした。
それぞれの量もしっかりあって、十分に楽しめる。
カウンターキッチンだったので、シェフがお料理をもの凄く気持ちを込めてつくっている姿が拝見できてそれもとても良かった。

最後におまけ。
お出迎えしてくれたお皿もとってもステキでした。
f0080316_064115.jpg
[PR]
by kuw_buw | 2007-04-19 00:07 | □FOODS
母が誕生祝のリクエストに応えて、共にランチへ。
その後に予定していた試写会場が近いので丸ビル内でお店を選びました。
そこで前から気になっていたお店へ。

とりあえずメニューをアップ。
写真はまた後日。

<MENU>

本日の一口前菜

ジロル茸のフリカッセ オニオンコンフィーのサムサ
インゲンのサラダヨーグルト風味 ブリチーズと共に

プロヴァンス風 完熟トマトの冷たいガスパチョ仕立て
鱸のキューブ 黒オリーヴのプードルを纏って

ホロホロ鶏とフォワグラのルーレ・ロティー
ジャガイモとアーモンドのピューレ ヴェルジュソース

ヴァニラ風味のクルスティヤン
マスカルポーネのクレーム ヴィンコットのソルベ添え

コーヒー

ミニヤルディーズ

[PR]
by kuw_buw | 2006-10-09 00:38 | □FOODS

『ヌキテパ』でランチ

f0080316_1273817.jpgf0080316_1251721.jpgf0080316_124205.jpg




以前、グータンにも登場したこのお店。
前から一度行ってみたかったんだ。
グータンって言えば、今月から内容ちょっと変わっちゃうんだよね。
涼子ちゃんのキャラ最高だっただけに残念です。

食いしん坊な私たち、旅行決めるときも食べ物は必要不可欠。
フランスに行ったのは何年前か・・・。まともなフレンチは1回しか食べれなかったんだっけ。
当日予約だったけど、取れて良かった~♪

ヌキテパは五反田から品川方面に向かって徒歩10分ほど。
元大使館だったという素敵な洋館で、元ボクサーと言う不思議な経歴のシェフの創る、「天然の海産物と畑のコース」が堪能できるお店。
本日食したメニューは・・・
ランチコース ¥6500
食前酒(すいかのシャンパン) ¥1200
その内容は・・・・・・・

①スイカのシャンパン
  食前酒何かお持ちしますか?と聞かれ、お勧めを受けたのがこちら。
  シャンパンにスイカが浮いていてなんともかわいい。
  後でスイカを食べる為のピックが付いてきました。
  おつまみにはグリーンオリーブが付いてきました。結構沢山。

②ハマグリの炭火焼
  貝が開かない状態で、大粒で炭で真っ黒なハマグリが二つ。
  教わったとおりナイフでクイっとやると、中にはジュースと大きな身が!
  プリップリでナイフがささらないから、大口を開けて一口で。
  フィンガーボール付きだから、ジュースもズズっと飲み干せました。

③お魚の裏ごしスープ
  3種のお魚、種類はカサゴと・・・。失念。骨まで一緒に煮たお魚を裏ごしたスープ。
  上にはパプリカと卵黄のソースが少し。
  なんとも表現できないダシの効いたスープでした。
  提供された器も和風でいい感じ。

④沖カサゴのソテー バターソース
  基本のお料理、と言う感じ。素材が活きてます。
  プリプリした白身がバターソースに良く合います。
  付け合せのベイクドポテトも美味でした。

⑤春野菜のサラダ 土添え
  ふきなど春の山菜も加えたサラダ。
  ワンスプーンで、土 が付いてきます。一口でどうぞ。ってそんな勇気は無いですよ。
  ちょっと味見して、野菜に付けてみて。最後にぺろっといきました。
  ごぼうみたいな風味があります。美味しい野菜に付いている土は美味しいんだって。

⑥デザート:すいかのショートケーキ
  やっと食べられた!!
  いや~まさにスイカ。中央は本当にただのスイカです。
  薄いビスキュイ生地とクリームでデコレイト。トッピングにはスイカジャムが付いてます。
  このジャム、柿みたいな味がする。

⑦エスプレッソ(ハーブティも可)
  かわいいカップで提供される。
  長居すると、2杯目をいただけます。容器違いでそちらもかわいい。

コースが全部お魚とお野菜だから、軽くペロっと食べられる。
ごちそうさまでした。
シェフがすいかが大好きだそうで、店内にはスイカの絵やら飾り皿やらがいっぱい。
夏に出されるスイカのフルコース、もかなり気になるぅ~。
[PR]
by kuw_buw | 2006-04-09 23:50 | □FOODS