結婚して4年が経過。現在、育児休暇中のkuwの日記です。あっという間に過ぎていく毎日を、マイペースに記録中。主な登場人物は、buw(旦那くん)。


by kuw_buw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:お手軽ワイン 赤 ( 8 ) タグの人気記事

入籍記念日

3年前には…

式の準備などを終えて、buwと合流し、
私の地元の市役所で時間外窓口に婚姻届けを提出。
余韻に浸る間もなく、
私は迎えに来た父の車で帰宅し、buwは1人新居に帰って行きました。

その夜は、弟も早く帰って来るように強く言われていて、祖母も呼んで、家族最後の晩餐が催されたのでした。

懐かしいなぁ。

私の結婚は、父の人生の一大イベントでもあったんだなぁ、と改めて感じます。

それにしても入籍ってかなりあっけない手続きでした。
式を挙げないカップルも多いけど、私は入籍だけじゃ結婚の実感は沸かなかっただろうな。

私達の中では、結婚記念日=結婚式の日。
と言うわけで、入籍記念の今日は、自宅で前祝。

f0080316_1291392.jpg
ワインは2004 オーメドック ド ジスクールを開けました。
手作り餃子の皮の余りをピザにして、リゾットを作って、買ってきたポールのバケットで料理は簡単に。

ジスクールは美味しくて満足。
[PR]
by kuw_buw | 2009-07-07 23:23 | □日々の記録

旬を食す②。

実家からもらった野菜シリーズの大物、キャベツ。
せっかくこんなにキャベツがあるんだから、ロールキャベツを作ろう♪

ってことで、今宵のメニューは早々に決定。
昼間、鷺沼散策に出かけていたので、『ビゴの店』でロールキャベツに合わせるバケットも購入しました。
ロールキャベツは、合挽き肉400gを全て使用したが為に、大量に出来ました。。
今回はトマト味のスープで。
春キャベツは柔らかくて、buwにも好評の仕上がり。

f0080316_235863.jpg
f0080316_2354415.jpg
数種類あったバゲットから選んだのは、『バゲット ムッシュ ビゴ ¥340』

食後には、今年初のアメリカンチェリーを。
f0080316_2319796.jpg

お手ごろ価格の赤ワインを空けました。最近この価格帯で当たりに出くわしてないなぁ。
f0080316_2320431.jpg



f0080316_2363164.jpg
一緒に購入したスコーンは、鷺沼散策中に公園でパクリ。『田舎風スコーン ¥130』
公園にあった鉄棒を見て、若かりし頃を思い出して触れてみたけれど・・・
自分の体の余りの重さに愕然として、体を回してみる気にはならなかったのでした。。

f0080316_23103523.jpg

[PR]
by kuw_buw | 2009-05-09 23:59 | ●お家ごはん

今宵はワインだけ。

buwは私の実家男性陣と人生2度目のゴルフへ。
私はフツーに仕事。

の本日。


仕事でお腹が膨れてしまった私。夕飯放棄です。
こんな時、buwは自分でチャチャッと料理して、食事を済ませてくれる。
自分で作った料理はあまり美味しいと感じないらしく・・・(ちゃんと美味しいのに。)
ちょっとかわいそうだけど、とてもありがたいです。感謝。

ふたりの時間を楽しむ為に、ワインを飲もう♪ と提案した。


f0080316_2314064.jpg

今日は、日曜日になんと¥590で購入した『Cuvee de Pena 06』
パーカーポイント88点という事だけを頼りに、購入してみた一品。

馬鹿に出来ない¥590。
開栓すると、スパイシーな香り。胡椒みたいなスパイシーさが鼻をくすぐる。
ちょっと空気と馴染ませると、程よい渋みと、果実の甘みとで、個性的だけど舌に馴染む味。
濃すぎず、軽すぎず、今日みたいな飲み方に、ちょうど合っている。

ボトルの裏には、ジンギスカンやピザ、パスタと合うと書かれている。
ジンギスカン、っていうの、すごいわかる気がする!!

それにしてもパーカーさん、いったい毎日ドレくらいのワインを飲んでいるんでしょう。
¥590で売られてしまうワインにまでポイントが付いているなんて。。。
[PR]
by kuw_buw | 2009-03-26 23:15 | ■□ワイン日記

2008年ボジョレー

11月20日のボジョレー解禁から1日経った21日、
我が家でも今年の新酒を楽しみました。

今年は、
POULET PERE&FILS 
BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU を頂きました。

ボジョレーヴィラージュ にしよう、とは思っていたけれど、
その中でコチラを選んだのは、ズバリ、ジャケ買い。
ボジョレーに、あまり高い金額もどうかな~と思うので・・・。
ちなみに購入品は2600くらいで、お手軽かな、と。

今年はあまりボジョレーの賑わいが無かったような気がしました。
せっかくの円高ですが、ボジョレーの契約時は円安だった、とか、
そんな事も関係あるのかしら??
去年購入したクイーンズ伊勢丹なんて、種類が半分ぐらいになっていて、
力が入っていなかったよなぁ。


ボジョレー解禁日。
我が家ではbuwが絶対今日中に飲みたい!! と騒いでいました。
でも、2日前に開けた白ワインが冷蔵庫に保存してあって、
保管用のキャップも場所も1本分しかないし、
23時から1本空けるなんて慌しいし・・・。私は断固拒否。
結局、解禁日は白ワインを飲み干し、ボジョレーは翌日となったのでした。

今年のボジョレーは、
色がピンクがかった赤色でとてもチャーミング。
フレッシュで、華やかな香りで、ボジョレーらしいな、という印象でした。
渋みは無かったけれど、酸味がしっかり利いていたので軽すぎず、重すぎず。
ボジョレー以外の若酒も飲んでみたいな、と思わせる味でした。
[PR]
by kuw_buw | 2008-11-22 23:29 | ■□ワイン日記
机の上に空き瓶がずらり。
基本的には000円~2000円代くらいのお手軽ワインですが。
飲みすぎかなぁ・・・。

▼10月に飲んだワイン▼

①レンツォ・マージ・キャンティ・ルフィナ2006 (イタリア・赤)
②GDボジョレ750 2007 (フランス・赤)
③LUIS ROEDERER (フランス・シャンパーニュ)
④ロバート・モンタヴィ・ウッドビレッジ・ピノノワール2006 (フランス・赤)
⑤ピニャ マイポ カルメネール2007(チリ 赤)
⑥イゲルエラ2007(スペイン 赤)


④はbuwの誕生日前夜祭に。ということでちょっとお高かったシャンパーニュ。
色が濃い黄色で、葡萄の味が濃厚な、の見ごたえのあるシャンパーニュでした。

⑥のイゲルエラは2005か2006のヴィンテージ違いが『神の雫』に掲載されていたもの。
トーテムポールと評された迫力までは感じ取れなかったけれど、スパイシーで面白い印象。
色が黒みがかった濃い赤で変わった色に感じた。
[PR]
by kuw_buw | 2008-11-11 23:41 | ■□ワイン日記
▼9月に飲んだワイン▼
  ①9/6  モメサン シラー ピノノワール2006 (フランス)
  ②9/8  メルロー リゼルヴァ ボッター カルロ2001 (イタリア)
  ③9/21 シャトー オー ニヴェール2007 (フランス)

  9月は1000円前後のデーリーワインばかり。
  中でも印象に残っているのは、①のモメサン。香りがとっても豊か。ブルーベリーのような甘いフルーティーな香りでした。
   フランスワインというよりは、イタリアワインのようなデザイン。
 f0080316_012659.jpg

[PR]
by kuw_buw | 2008-11-04 00:13 | ■□ワイン日記

ワインって面白い

今更なんだけれど、『神の雫』っていう漫画にはまっています。夫婦で。

ある方に教えていただくまで、噂さえ聞いたことが無かった自分が不思議なほど、
ワインショップやら、楽天やらで、「神の雫 登場ワイン」って言葉を見かけますね。

薦められた時は半信半疑だったけれど、読んでなるほどっ。
いままでどこから手をつけてよいのかわから無かったワイン知識。
糸の端っこをつかんだような気分です。

巻末のコラムも熟読すれば、基礎知識は習得できるんじゃないかな。
buw(夫)は、『ソムリエール』という漫画にまで手を出し、私以上の盛り上がり。


前よりちょっとだけ、ワイン日記をまじめに更新してみたいと思っています。
[PR]
by kuw_buw | 2008-08-21 23:26 | ■□ワイン日記

お手軽ワイン日記 ②

チリ産の赤ワイン。
チリ産を意識して飲むのは初めて。
これも前ワイン同様、福袋に入っていたもの。
なので正確な価格はわからず。

MONTES ALPHA
カベルネ・ソーヴィニョン
2004
D.O.COLCHAGUA VALLEY

f0080316_0225263.jpg
f0080316_0231048.jpg


色は濃い赤紫。これだけで期待大。
香りが強いだけじゃなくて、濃い。
ギュッと閉じ込められた濃厚な香りが、アルコールと共にブワっと登ってくる感じ。
(美味しとそうな表現じゃなくなっちゃった・・・。難しいなぁ)
高級なワインに感じる香りに近いな、と思った。
味は甘みが強く、濃いのにとても飲みやすい。
食事と、というよりは食後に楽しみたい味。
渋みはほとんど感じなかったけれど、物足りなさは無く、美味しかった。
また購入したい1本でした。

以下ENOTECA(ワインショップ)のサイトより抜粋
モンテスは、世界で地位を確立したチリ唯一のワイナリーです。
欧米へ「逆輸出されたクオリティワイン」=モンテスアルファ・カベルネソーヴィニョン。アウレリオ・モンテス氏のワイン造りの技がもっとも洗練されたスタイルで表現されています。NYやLAのシェフたちが好んでリストに載せるワインでもあります。濃く凝縮しつつもバランスのとれたスタイル、熟成のポテンシャルも持つ非凡なワイン。チリ最高のテロワール=アパルタの葡萄を用い、熟成にはフレンチオークを贅沢に使用。

[PR]
by kuw_buw | 2007-03-25 00:42 | □FOODS