結婚して4年が経過。現在、育児休暇中のkuwの日記です。あっという間に過ぎていく毎日を、マイペースに記録中。主な登場人物は、buw(旦那くん)。


by kuw_buw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

デリーへの直行便はエアーインディア(AI)にて。
機体に乗り込んで、そのボロさに驚き、ちょっとびびった。
・各座席に画面は付いていない。
・荷棚付近にはガムテープでの修復の跡。
思わずにやけた。
でもそこは、理系の賢さでは定評のインド人。だから大丈夫、、と強引に納得してみた。

デリーに到着して飛行機から降りた時、チケットの半券を回収された。
こんなの初めて。でもガイドブックにも書いてある。
なぜー?
その機体はデリーで私たちを降ろした後、そのままムンバイまで旅を続けるらしい。
間違い防止の為?半券回収がテロ防止に繋がるとも思えないし・・・。
そう、そう!!
そう言えば成田のAIのカウンターに、
『定時出発のため、飛行機のドアは10分前に閉まります。時間厳守で・・・』
っていう注意書きがあって、笑ってしまった。
10分前に閉まります。って!!
そんなにもルーズなのか。インド人・・・。

インディラ・ガンディー国際空港は大きな空港なので、もみくちゃにされることも無く、無事に「現地係員」に会うことができた。
兄弟が日本でインド料理レストランをしていて、度々日本へ行っているらしい「現地係員」と運転手にホテルまで運んでもらう。
海外旅行でこの「現地係員」の存在って意外と重要なアイテム。
旅のスタートであるわけだから。
現地在住の日本人だったりすると、安心しつつちょっとがっかりする。
今回の彼は日本語堪能、妙に山手線の駅名なんかにも詳しくて、『品川が・・・』なんて話で盛り上がるあたり、やや拍子抜け。

インド人はとにかくおしゃべりが好き。
話し始めたら、どこから来た、学生か社会人か、何の仕事をしているんだ、インドは初めてか、インドのどこを旅行するんだ・・・根堀り葉掘り、でも皆申し合わせたように同じ事ばかり聞いてくるからイライラする。
困惑するのは、かれらが心から親切で言っている事なのか、騙そうとして言ってることなのか、顔を見ても判断できない事だ。とても親切な人に、もしかしてひどく失礼な態度をとったりしたかもしれないけれど、それも我が身を守るためと思って。

ホテルでの注意事項は、
・お風呂のお湯はいつも出るとは限らない。水しか出ない時はフロントにいえばボイラーのスイッチを入れてくれる。
・朝ごはんは2Fの食堂で。
と言う事だった。

が。
部屋に案内されて愕然とした。
平ぺったい、硬そうな、薄いシーツしかないベット。
冷えてない冷蔵庫。
素足で歩くには抵抗を覚えるバスルーム。
水の流れないトイレ。
完全には閉まらない廊下側の窓。
温度調節のできないクーラー。

1泊目の夜は、着込めるだけ着込み、バスタオルを首やら体やらに巻き、がたがた震えながら寝る事になった。
寒くて、数分おきに目が覚める。、なんてなかなか経験できない事。

旅行会社を通して手配した事で油断していた心が、一気にインドモードになった。
1日目には少しキツイこの環境に、部屋の写真は撮る気になれず。
[PR]
by kuw_buw | 2007-12-13 00:06 | □TRAVELS